マンションの駐車場問題

マンション駐車場の基準と注意点
まず、マンションの駐車場の基準は、建築基準法上では設置義務がありません。
ただし、自治体によっては駐車場の設置率を定めた条例が存在します。
例えば、東京23区では一般的に商業地域に立つマンションは、基準床面積350平方メートルにつき1台の駐車場を設けることが一般的です。
また、大阪市では商業系地域に立つ70戸以上のマンションで、1戸あたりの専有面積が35平方メートルを超える場合には、駐車場が40%以上設けられることになっています。
郊外では、駐車場の設置基準はより厳しく、マンションの戸数に対して100%以上、あるいは110%の台数が必要となることが一般的です。
ただし、全てのマンションが必ずしも駐車場を100%設置しているわけではありません。
駐車場の台数が戸数に対して不足している場合、マンション内の駐車場を利用できない場合もありますので、注意が必要です。
そして、駐車場の種類も様々あります。
一般的な種類としては、平置き駐車場、自走式立体駐車場、機械式駐車場があります。
平置き駐車場は、地面に設けられた駐車場で、通常は屋根がありません。
出し入れが容易で利便性が高い一方で、汚れやすいというデメリットもあります。
自走式立体駐車場は、建物や鉄骨で構築された駐車場で、利用者が自分で車を運転してスロープを通り上階に進入します。
コンパクトな設計でスペース効率が良くなっています。
最後に機械式駐車場は、機械で車を上に運んで駐車スペースに配置する仕組みです。
スペース効率が非常に高く、車の衝突や盗難のリスクも低いというメリットがあります。
以上がマンション駐車場に関する基準や種類、注意点についての詳細な説明です。
マンションを購入する際には、これらの情報を参考にして、自分にとって最適なマンションを選ぶようにしましょう。
参考ページ:分譲 マンション 駐車 場は購入したら必ず利用できるのか解説
マンションの駐車場事情
マンションにおける駐車場の状況は、地域や立地条件によって異なるため、料金や種類が様々です。
料金の幅
郊外地域では、駐車場の料金は月額2,000円から3,000円の範囲や、場所によっては無料の場所も存在します。
一方、東京23区では、平均的な料金は月額2万円や3万円となり、港区や中央区などの都心部では、月額5万円程度になることもあります。
駐車場の種類による料金の違い
駐車場の種類によっても料金は異なります。
例えば、平置き駐車場は一般的に高めの料金設定とされています。
一方、自走式の立体駐車場では、上階に行くほど料金が安くなる傾向があります。