下取りと買取りの違いとは

下取りと買取りは同じように思えるかもしれませんが、実は利益を得る方法に大きな違いがあります。
買取り業者は買い取った車を中古車として販売したり他の販売チャネルに流したりすることで利益を得ます。
一方、下取りは新車の価格を引き下げるための値引きとして利用されます。
利益は新車の販売によって得られます。
下取りを行うディーラーは新車を販売したいため、下取りに力を入れないことがあります。
下取りに力を入れない理由の一つは、ディーラーの目的が新車の販売にあるからです。
買取業者は中古車を販売するため、車の買取にも力を入れますが、ディーラー側は購入者が車を下取りに出さなくても問題ありません。
購入者が買取店で車を売却したとしても、多くは新車の頭金に充てられるため、ディーラーは困ることはありません。
下取りに力を入れる必要もありません。