不動産売却時の査定額は会社や営業マンによって異なるので注意が必要

不動産売却時の査定額は会社や営業マンによって異なるので注意が必要
名古屋で不動産を売却する際、査定額は各不動産会社や営業マンによって変動します。
ただし、査定額が高いからといって必ずしも高く売れるわけではありません。
また、大手不動産会社というだけで高値で売れる保証もありません。
査定価格は、その後の売り出し価格や成約価格にも影響を与えます。
重要なのは、査定額だけでなく、提案内容がどのようなものかです。
売主と営業マンの相性も重要です。
この記事では、不動産会社に依頼した場合に有利なサービスについて検証したいと思います。
仲介契約の場合は仲介手数料が発生する
通常、不動産を売却する際には、不動産業者に売却の仲介を依頼します。
その際に必要な費用が仲介手数料です。
仲介手数料は一般的に費用の中で最も大きな金額です。
仲介手数料の金額は取引額によって決まる
仲介手数料には宅地建物取引業法によって上限が定められており、取引額が4,000,001円以上の場合は、売買代金の3%に60,000円の消費税を加えた金額が必要となります。
たとえば、売買代金が30,000,000円の場合、仲介手数料として1,056,000円が必要となります。
参考ページ:売れるまで仲介手数料が半額&クレジットカードの支払いが可能
不動産売却において手取り額が重要
よくある話ですが、不動産を売却して住宅ローンの残債を返済したら手元にお金が残らなかったというケースがあります。
売却までの期間によって仲介手数料が割引される場合も
名古屋で不動産売却を行う際、専任媒介契約の場合、売買成立までの期間によって仲介手数料が割引されるサービスを提供している不動産会社もあります。
このような会社に依頼することをおすすめします。
キャッシュレス決済で仲介手数料を支払うことが可能
現代ではキャッシュレス決済が一般化しています。
名古屋市の区役所や市税事務所では、クレジットカードやQRコード決済が利用できるようになっています。
そのため、仲介手数料の支払いもキャッシュレスで行うことができます。
仲介手数料はクレジットカードでの支払いが可能!
不動産業界ではまだ現金支払いが一般的ですが、中にはお手持ちのクレジットカードで仲介手数料を支払うことができるサービスを提供している会社もあります。
ですので、もし売却を検討している場合は、そういった会社に依頼することをおすすめします。
このサービスのメリットは、新たにクレジットカードを作る必要がなく、普段から利用しているクレジットカードで支払うことができます。
また、国際的にも認められた5大ブランドにも対応しているため、安心して利用することができるのです。