不動産購入時の頭金

不動産物件を購入する際に必要な頭金の目安と相場
不動産業者によると、物件を安心して購入するためにはどれくらいの頭金が必要なのでしょうか。
一般的には物件価格の10%を目安にすることが推奨されています。
家を購入する場合には、物件価格の10%を頭金として用意する必要があります。
この頭金には、家の代金だけでなく、手付金、仲介手数料、登記費用、印紙税、ローン手数料、火災保険料などの諸費用も含まれています。
一部の諸費用は住宅ローンでは借りることができないため、自己資金を用意する必要があるのです。
なお、一部の広告では「頭金ゼロ円で買えます」と謳っていることもありますが、実際には家の代金は住宅ローンでまかない、その他の諸費用は自己資金で用意するのが一般的です。
しかし、最近では諸費用も含めて住宅ローンで借りることができる金融機関が増えてきました。
大手の都市銀行ではまだまだ対応していないケースもありますが、ネット銀行では諸費用も含めた借り入れが可能な場所が増えています(例:イオン銀行、じぶん銀行など)。
ただし、金融機関の選択肢を広げるためにも、物件価格の10%前後の自己資金を用意しておくことが望ましいです。
これによって、あなたの選択肢を広げることができます。
また、物件本体以外にもさまざまな費用がかかります。
中古物件と新築物件、または建売りと注文住宅などによって異なる費用が発生します。
具体的には以下のような費用があります。
1. 手付金:物件の売買契約を結ぶ際に、物件価格の約5~10%ほどの手付金を支払う必要があります。
残りの金額は後日住宅ローンなどで支払うことになります。
手付金は早めに支払う必要がありますので、自己資金を用意する必要があります。
2. 仲介手数料:新築マンションを購入する場合は不要ですが、中古物件を購入する際には仲介手数料が必要になります。
参考ページ:頭金 無し で 家 を 買う事はやめた方が良い?それとも大丈夫?
仲介手数料の計算方法と特例
一般的には、不動産の仲介手数料は物件価格に3%を乗じた金額に6万円を加え、さらに消費税を加算して計算されます。
ただし、売主の不動産会社から直接購入する場合は、仲介手数料は発生しません。
しかし、不動産会社を介して購入する場合には、仲介手数料がかかることがあります。
また、不動産の購入に際しては、他にも以下の費用が発生する場合があります。
– 登記費用:不動産の登記手続きを行うために必要な費用です。
登録免許税として国に支払われる税金や、司法書士の報酬が含まれます。
– 印紙税:売買契約書やローンの契約書などに貼る印紙の代金です。
この印紙は、契約書の内容に応じて異なる額が必要となります。
これらの費用は、不動産購入時に別途支払う必要があります。
具体的な金額や支払い方法は、契約内容や取引条件によって異なる場合がありますので、不動産会社との事前の打ち合わせや確認が重要です。