北向き道路に建てた一戸建て

北向き道路に建てた一戸建て
北向き道路に建てられた一戸建てとは、敷地の北側が道路に接している住宅のことを指します。
一般的には、日本では南側が道路に面している土地の方が人気がありますが、北向きの一戸建てには独自の利点が存在します。
これについて詳しく見ていきましょう。
北向き道路に建てられた一戸建ての利点
北向き道路に建てられた一戸建てならではの利点についてご紹介します。
まず、建物の高さ制限が比較的緩やかです。
建物の高さには複数の規制があり、その中には道路斜線制限や北側斜線制限が含まれます。
道路斜線制限は、建物が道路に面している部分の高さを制限することで、周辺の建物や道路の採光や通風を確保するためのものです。
一方、北側斜線制限は、北側の隣地の採光を確保するための規制です。
南や東、西向きの一戸建ての場合、道路に面した側や北側にはこれらの制限がかかります。
しかし、北向き道路に建てられた一戸建ては、北側が道路に接しているため、北側斜線制限の影響を受けずに建物を設計することができます。
そのため、建物の形状や高さに制約が少なくなり、より自由度の高いデザインや配置が可能となります。
また、北向きの一戸建ては、南向きの一戸建てと比べて日射量が少ないため、夏場の直射日光による暑さを緩和することができます。
ただし、室内の明るさや涼しさを確保するためには、遮光や断熱効果の高い窓や断熱材の使用がより重要となります。
参考ページ:北 向き 日当たり 戸建てのメリット・デメリットを詳しく解説
以上のように、北向きの一戸建てには建築の制約が少なく、夏場の暑さを抑える利点があります。
ただし、日射量が少ないために室内の明るさや温度管理には配慮する必要があります。
なお、北向き道路に建てられた一戸建ては、道路斜線制限と北側斜線制限を受ける面がともに北側にあるため、他の方位よりも斜線制限の影響を受けにくいという利点があります。
また、北側斜線制限がない用途地域の場合もあるため、北側の斜線制限を活かしたデザイン住宅を建てることが可能です。
南向き道路の一戸建てのデメリット
一方、南向き道路に建てられた一戸建ては、通常リビングやバルコニー、庭などが道路側に面しているため、近隣の人々からの視線にさらされやすくなります。
これにより、プライバシーの問題や騒音の問題が生じる可能性があります。
しかし、
北向き道路の土地のメリット
一方、北向き道路に位置する土地は、一般的に近隣の南向き道路の土地と比較して、割安な価格で売られることが多いです。
そのため、北向き道路の土地を選ぶことで、通常手の届かないエリアの土地を手に入れることができるだけでなく、建物に充てる予算も確保できるという利点があります。
北向き道路に建てられた一戸建ては、通常リビングやバルコニーは道路と反対側に設けられる傾向があります。
そのため、近隣の人々からの視線にさらされずにプライバシーを守ることが容易です。
また、リビングやバルコニーが南側に面していることから、日当たりの良い空間を作り出すことができます。
北向き道路の土地のメリットは、総合的に見て、経済的な利点と快適な住環境の両方を享受できるという点です。