名古屋市中川区不動産売却

名古屋市中川区について
名古屋市中川区は、名古屋市の16区の中で人口が2番目に多い区です。
近年、人口はほぼ横ばいですが、着実に増加しているエリアです。
このため、他の区と比較しても、不動産の売却が容易であると言えます。
不動産とは、土地(空き地・空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田畑の農地、工場や工場跡地など、さまざまな種類があります。
この記事では、名古屋市中川区の特徴や不動産の相場、不動産の売却手続きについてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。
名古屋市中川区のエリア特徴
まずは、名古屋市中川区について詳しく見ていきましょう。
中川区は名古屋市の中西部に位置し、区名にもあるように中川運河をはじめとする7つの川が流れていることで知られています。
2023年10月1日時点では、中川区の人口は217,934人で、世帯数は103,739世帯です。
この数字は名古屋市16区の中で2番目に多く、人口密度の高いエリアです。
*参考:令和5年10月1日現在の名古屋市の世帯数と人口-推計人口
中川区のエリアごとの特徴
中川区は複数のエリアに分かれており、それぞれ独自の特徴があります。
東部には「尾頭橋商店街」という商業地があり、毎年7月には中川区最大のお祭りである「中川金魚まつり」が開催されます。
この祭りでは、巨大な金魚の山車が練り歩く様子が見どころの一つです。
中央部には区役所や主要な官公庁が立地しており、地下鉄高畑駅周辺は商業地域として発展しています。
また、荒子は前田利家公の生誕地であり、尾張四観音の一つである荒子観音寺など、多くの歴史的な名所があります。
特に荒子観音寺には千体以上の円空仏と国の文化財に指定された多宝塔があり、多くの観光客が訪れています。
いずれのエリアも魅力的な観光スポットがあり、多様な楽しみ方ができます。
参考ページ:名古屋市中川区不動産売却|土地・一戸建て・マンション相場は?
中川区の治安の特徴
中川区は治安の面でも優れた町と言えます。
犯罪率は0.56%と平均よりも0.14%も低く、安全性が高い評価を受けています。
この地域では「中川区安心・安全で快適なまちづくり協議会」を中心に、公共団体や警察署などが協力して防犯対策に取り組んでいます。
そのため、住民にとって住みやすく安心感のある区として人気があります。