名古屋市天白区不動産売却

名古屋市天白区の特徴
名古屋市天白区は、東部に位置し、天白川が流れています。
面積は21.58平方キロメートルで、名古屋市16区で5番目に広い地域です。
天白区では、大規模な宅地造成事業が行われ、新しい住宅地が造成されています。
住みやすさや高品質な教育環境に注目され、多くの人々に愛されています。
不動産市場も活気があり、土地から中古住宅、田畑や工場跡地まで様々な種類の物件が存在します。
不動産の売却を考えている方には、天白区の特徴や成約件数、相場についてご紹介いたします。
是非参考にしてください。
名古屋市天白区の特徴とは
まずは、名古屋市天白区の特徴を詳しくご説明いたします。
不動産を売却する際には、売却したい物件があるエリアの情報収集が重要です。
ここでは、人口、歴史的特徴、住みやすさの3つの観点から、天白区の特徴についてご紹介します。
参考ページ:名古屋市天白区不動産売却|土地・一戸建て・マンション相場は?
天白区の人口について
名古屋市天白区の人口は2023年10月1日時点で162,760人で、世帯数は79,530世帯です。
1990年には134,777人、2000年には153,238人、2010年には158,793人となっており、人口は増加しています。
2018年には164,653人と最も人口が多かった時期もありましたが、その後は少しずつ減少しています。
しかし、統計を長期的に見ると、多くの人々が天白区に移住していることがわかります。
人口が増えることは、住宅需要が高まることを意味し、不動産の売却にとっても有利です。
天白区の歴史的特徴について
天白区には、多くの神社や寺院が建てられています。
特に「熊野日白社」に祀られている「天白神」は、洪水から田畑を守る存在として信仰されています。
天白区の住みやすさ
天白区は、住みやすいエリアとして非常に人気があります。
ここでは、天白区の魅力を3つご紹介いたします。
1.静かな住宅街が広がっている
天白区は、多くの閑静な住宅街が広がっているため、穏やかな生活を送ることができます。
ここでは、騒々しい都会の喧騒から離れて、静かな環境で過ごすことができます。
また、観光地や宿泊施設が少ないため、静けさが保たれています。
2.交通渋滞が少なく移動しやすい
天白区は、車を所有している方にとって利便性が高いエリアです。
交通渋滞の悩みが少ないのが特長です。
近隣エリアへのアクセスもスムーズで、快適に移動することができます。
また、公共交通機関も充実しており、交通手段に困ることはありません。
3.充実した生活インフラが整っている
天白区には、さまざまな生活インフラが整っています。
病院や学校、スーパーマーケットや商業施設など、日常生活に必要な施設が揃っています。
また、自然環境も豊かで、公園や散策コースなどでのリラックスした時間を過ごすことができます。
天白区は、穏やかな環境、交通の便利さ、充実した生活インフラなど、住みやすい要素が備わっています。
これらの特長があることから、多くの方にとって理想的な居住地となっています。
是非、天白区の住みやすさを体感してみてください。