名古屋市守山区の特徴

名古屋市守山区の特徴
名古屋市守山区は、名古屋の中心部から北東側に位置する地域です。
この地域では最近、吉根や志段味地区で土地区画整理事業が行われており、宅地開発が活発に行われています。
そのため、土地の価格も比較的安く、整備された宅地が多く存在しています。
これらの要因から、若いファミリー層を中心に物件の購入が増えているのが特徴です。
また、名古屋市守山区は近年まで宅地開発が遅れていたため、自然豊かな環境が残っており、特に標高の高い土地が多いことが特徴です。
また、北東端には名古屋市内で最も高い標高を持つ東谷山(198m)があります。
名古屋市守山区の交通環境は、名古屋の中心部に比べるとやや不便です。
守山区は中区から一番遠い地域であり、地下鉄の路線が存在しない唯一の区です。
ただし、東海旅客鉄道(JR)中央本線と名古屋鉄道(名鉄)瀬戸線が通っており、アクセスは可能です。
また、鉄道ではありませんが、2001年にはガイドウェイバスのゆとりーとラインが開業し、大曽根から印場・高蔵寺まで運行されています。
周辺環境について
一戸建てや分譲マンションを検討する際には、物件の周囲にどのような施設や環境があるのかを事前に把握することが重要です。
駅からの距離だけでなく、以下のポイントにも注意を払いましょう。
まず、帰り道の安全性が重要です。
参考ページ:名古屋市守山区不動産購入|土地 一戸建 分譲マンション販売物件
周辺施設の利便性を確認しましょう
名古屋市守山区の販売物件を考える際には、駅からの距離だけでなく、安全性や利便性も重要な要素です。
たとえ駅からの距離が許容範囲内でも、人気のない狭い路地や街灯のない道を通る必要がある場合は、安全性に不安が生じるかもしれません。
なので、実際に日没の時間帯に歩いてみて、安全かどうかを確認することをおすすめします。
また、名古屋市守山区の販売物件を選ぶ上で、日常生活で利用するお店や機関が近くにあるかどうかも重要なポイントです。
たとえば、料理をする際には、食材を揃えるためのスーパーマーケットが近くにあると便利です。
また、帰宅する時間にまだ営業しているかどうかも確認しましょう。
さらに、医療機関や郵便局、ドラッグストア、銀行など、自分や家族の利便性を高めるための施設が近くにあるかどうかも確認することが重要です。
さらに、もし子供がいる場合は、名古屋市守山区の販売物件の近くに保育園、幼稚園、学校があるかどうかも確認する必要があります。
特に、保育園への入園を希望している場合は、自治体によって待機児童の状況が異なりますので、事前に役所に問い合わせることをおすすめします。