名古屋市西区不動産売却

名古屋市西区の地域特性や人気のエリア
名古屋市西区には、多くの人々が引っ越したり相続のために不動産を売却したりする機会があるかもしれません。
不動産の売却は、経験がない人にとってはどこから手をつければいいのかわからない場合もあります。
この記事では、名古屋市西区の不動産売却の流れや相場、地域特性について紹介します。
売却の手順を理解することで、一体どこから始めればいいのかが明確になります。
また、相場や地域特性を把握していないと、不動産を高く売却することが難しいので、確認しておくことが重要です。
さらに、不動産といっても、土地(空き地や空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田畑の農地、工場や工場跡地など様々な種類があります。
名古屋市西区は名古屋駅にも近く、またリニア中央新幹線の開通も間近ですので、相場も変動しています。
なるべく高値で不動産を売却するためには、需要を確認することがおすすめです。
名古屋市西区の地域特性や人気のエリアについて
名古屋市西区の地域特性や人気のエリアについても詳しく説明します。
名古屋市西区は、2023年10月1日現在で、人口が約151,108人であり、世帯数は約76,944世帯です。
この地域には住宅街だけでなく、商業施設や工場地帯も存在しています。
特に円頓寺商店街や庄内緑地公園は、需要が高い地域です。
名古屋市西区は庄内川を挟んで北と南で特徴が異なります。
北のエリアは工場や住宅街が多く、一方南のエリアは住宅地と商業地が混在し、土地の価格も高くなっています。
最近の数年間では、地価が上昇している要因の一つには、リニア中央新幹線の開通が大きく関与しています。
特に南側のエリアでは、住所にも名古屋市西区名駅〇丁目というような表記があり、名古屋駅の近さから影響を受けています。
参考ページ:名古屋市西区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション相場は?
名古屋市西区に新しくオープンしたイオンモール Nagoya Noritake Garden
名古屋市西区則武新町三丁目に2021年10月27日にオープンしたのは、「イオンモール Nagoya Noritake Garden」というショッピングモールです。
ここは名古屋駅から徒歩12分という便利な場所に位置しています。
近年では、コロナウイルスの影響や消費税の増税などの要因により、購入者の購入意欲も落ち着いてきています。
そのため、不動産の相場も最近では比較的安定してきています。
ただし、人気の低いエリアでは地価の下落も考えられるため、不動産を売却することを検討してみるのも良いかもしれません。
ただし、名古屋市西区は人気の高いエリアですので、そのような心配は特にありません。
しかし、もしも将来的に人気が落ちるような状況になった場合には、地価の下降も考えられます。
そのため、不動産を売却することを検討するのも一つの選択肢となりえます。