土地区画整理とは

土地区画整理とは?
土地区画整理は、公共施設の設置や住みやすい街づくりを目指し行われる公的事業です。
例えば、新しい公園や道路を作るために、土地が必要な場合に行われます。
土地所有者は自主的に協力し、土地を出し合って新しい施設のスペースを確保します。
この提供された土地を「換地」と呼び、区画整理後は所有権や地上権などが換地先へと移行します。
計画段階では仮換地が決定されることもあり、従前地の利用が制限されます。
土地区画整理は法律で定められた評価基準を重視しながら慎重に進められます。
また、住民からの発案によっても土地区画整理を行うことが可能です。
参考ページ:土地区画 整理 と は何をするの?所有している土地はどうなる?
土地区画整理の個人実施
通常は行政機関や地方自治体、区画整理会社によって土地区画整理が実施されますが、個人の場合でも行うことができます。
例えば、近隣に公園が不足していて不便を感じる場合や、交通の安全性に問題がある場合など、個人や共同体として土地区画整理を行うことがあります。
この場合、関係者は自主的に地域全体の改善を目指し、土地の再編成や道路の拡張、公園の整備などを計画し、実施します。
公共性を考慮しながら改善活動を行うことで、生活の便利さや安全性を向上させることができます。
地域の改善や利便性向上のための様々な手続きや合意形成が必要な場合には、個人や共同体の力で積極的に改革を進めることができる点が特徴です。
具体的には、個人が単独で土地区画整理を行う場合、まずは土地所有権や借地権を持つ方、またはその同意を得た方が取り組むことができます。