査定前に車内をクリーニングする理由

「中古車査定基準」には、内装に関する項目がいくつかあります。
これには、汚れや臭い以外にも、傷、ペットの毛、シール跡、ヤニの付着などが含まれます。
車内をきれいな状態に保つことは、査定において非常に重要です。
販売前の車内クリーニングは、査定結果に影響する要素となります。
もしクリーニングが必要だと判断された場合、それは「修理の必要がある」と扱われ、査定スコアが10点減点されます。
内装に関する項目は非常に詳細に設定されているため、減点される箇所が多いほど、査定額は低くなります。
一方で、きれいな状態を保つことができている場合、優良車として特別加点が与えられることもあります。
もちろん、手に負えない汚れがある場合には、ある程度諦めることもできます。
しかし、できるだけきれいな状態で査定に臨むことが大切です。
ただし、業者にクリーニングを依頼しても、その費用が査定額を上回ることはない可能性もあるため、そこにも注意が必要です。
具体的な査定に影響する汚れや減点数のいくつかをご紹介します。
「中古車査定基準」では、内装に目立つ汚れがある場合は5点減点されます。
また、カードサイズ未満の汚れ、シール跡、テープ跡、接着剤跡などは10点減点となります。