査定前に車内をクリーニングする理由

「中古車の査定基準」では、内装の汚れや臭い以外にも、傷、ペットの毛、シール跡、ヤニの付着など、いくつかの項目が評価されます。
したがって、車内のクリーニングが重要になるのです。
もし販売前にクリーニングが必要とされる場合、これは「修理扱い」とみなされ、10点減点となります。
内装の項目は非常に細かく設定されているため、減点ポイントが多ければ査定額は低くなりますが、逆にきれいな状態を保っていれば、特別なプラスポイントが加算されることもあります。
手の施しようのない項目であれば、多少の妥協も許容される場合もありますが、できる限りきれいな状態で査定に臨むことが大切です。
ただし、業者にクリーニングを依頼する費用が査定額を上回る可能性もあるため、その点には注意が必要です。