資産として不動産をもつ

法人が不動産を所有するメリットとデメリット
法人が自社ビルを所有する場合には、以下のようなメリットがあります。
まず、賃貸契約をする必要がないため、地代や家賃に比べて支出を抑えることができます。
また、建物を所有することによって、減価償却による節税のメリットがあります。
所有した建物は資産として会計上に計上され、減価償却費として会計上の利益を減らすことができるため、税金を抑えることができます。
参考ページ:法人は不動産を買う?借りる?|企業の不動産の所有戦略と賃貸戦略
一方で、法人が不動産を所有する場合には、以下のようなデメリットもあります。
まず、会社の移転や業務の拡大など、事業戦略の変更に際して、不動産が足かせとなる可能性があります。
所有しているビルの場合、移転や売却などの手続きが必要になり、コストや手間がかかることがあります。
また、固定資産税や都市計画税などの経費も発生します。
さらに、不動産を購入するために借入金を利用している場合は、返済も必要です。
このように、法人が不動産を所有する場合には、メリットとデメリットが存在します。
それぞれの企業の事情やビジネスモデルに合わせて、不動産の所有を検討する必要があります。
将来的な成長や移転の可能性なども考慮し、長期的な視点で判断することが重要です。