車内での飲食が原因の食べ物臭

ロングドライブやアウトドアをよく楽しむ人の車には、よく食べ物のにおいがします。
エアコンをつけたまま窓を閉めたままで、香りの強い食べ物を食べる方は要注意です。
また、気付かないうちに食べ物をこぼして、フロアマットなどに落としてしまっているかもしれません。
その場合、ダニや菌が増殖し、においが染みついてしまう原因になります。
仕事帰りなどに汗をかいた状態で車に乗ることが多い人は、シートに汗が染み込んでいることがあります。
毎日積み重なることで、知らず知らずのうちに汗の匂いなどがシートに染み込んでしまっています。
汗だけでなく、強い香りのする香水や化粧水なども査定に影響する場合があります。
シートの材質によって異なるため、吸収しやすい素材かどうかを確認しましょう。