1度住所が変わっている場合

まず、車検証を取得し、その後で住所が1度変わった場合を考えてみましょう。
この場合、車検証に記載されている住所と現在の実際の住所が異なるため、住所の変更の証明が必要です。
住民票が1枚あれば、これによって住所の変更を証明できます。
住民票には、現在の住所と以前の住所の欄があるため、この1枚によって住所の変更を確認することができます。
住民票は、基本的には住んでいる市区町村の役所で取得することができます。
費用は数百円程度であり、自治体によって異なる場合もあるため、あらかじめ確認しておくことが望ましいです。
次に、2度以上住所が変わっている場合を考えてみましょう。
1度だけ住所が変わっている場合は住民票で対応できましたが、2度以上変わっている場合は同様にはいきません。
住民票に記載されているのは、前の住所であり、「前の前の住所」まで書かれていないからです。
2度以上住所が変わっている場合は、住民票ではなく戸籍の附票を用意しましょう。
戸籍の附票には、住所が変わった履歴が記載されているため、以前の住所を証明することができます。
戸籍の附票の取得方法や費用については、市区町村の役所に問い合わせる必要があります。